貿易援助という迷信

貿易援助は、国際的キーワードとなっている。 援助 (債権放棄を含む) の拡大および、貧しい国々の製品の裕福な国々の市場へのアクセスの拡大が、グローバルな最重要課題であるかのように見える。事実、今日の議論は何をすべきかでなく、いかに迅速にいくらできるかについてである。

このすべてに欠けているものは、経済開発の過去五十年間からの明確な教訓である。その最たるものが、経済開発のほとんどが、貧しい国々自身の手にかかっているということである。最近軌道に乗っている国々は、彼ら自身の努力によりそれを実現しているのである。援助および市場へのアクセスは、実際には決定的な役割を果たしてきたわけではない。

最大の近隣国であり、世界でもっとも力強い経済国でもある国の、自由で選好的な市場へのアクセスを有する開発国を考えてみよう。さらに、この国が何万人もの国民を、国境を越えて働かせることができ、大規模な海外援助を受けることができ、また国際生産連鎖に完全に統合されるとする。また、この国の銀行機構が、裕福な近隣国の、最後の楽園への融資者として振舞う、演出された厚意によって支えられているとする。グローバル化の最高の状態と言える。

To continue reading, please log in or enter your email address.

To continue reading, please log in or register now. After entering your email, you'll have access to two free articles every month. For unlimited access to Project Syndicate, subscribe now.

required

By proceeding, you are agreeing to our Terms and Conditions.

Log in

http://prosyn.org/lK2xjdi/ja;

Cookies and Privacy

We use cookies to improve your experience on our website. To find out more, read our updated cookie policy and privacy policy.