モロッコの、ベールを被ったフェミニスト達

現代のフェミニストには居場所が無く、そしてそのために宗教復興の渦中にある社会、特にイスラム社会において、大きな前進は見込めないと思われがちである。しかし、近年モロッコで実際に見られた女性の権利の進展は、異なる状況を示唆する:非宗教的または宗教的な女性による活動のユニークな組み合わせ、政党の見積もり、そして王の重要な役割が、真の進展へとつながった。

モロッコにおけるフェミニストの先駆者達は、1956年の独立直後から活動を始めた。全般的に自由主義思想の代表者たちであったが、彼女達はそれでもなお、モロッコ社会全体におけるイスラムの重要性を認識していた。結果として、自分達の要求がイスラム的アイデンティティーの判断基準をもたらすように、用心深くまとめあげた。

モロッコの初代フェミニスト達は、重要な眼識に導かれていた:男性と女性の間に働く相互作用を左右していたのは宗教ではなく、補強の手段として宗教を用いていた社会の慣習であったというものである。例えば、女性とその性的潔白は、男性と両家の家族にとっての誇りと連結していた-イスラムの基本に据えることによって守られていた結合である。彼女ら活動家にとって、このような結合は女性に対する支配を続けるためのものであり、イスラムではなくモロッコ社会の一端であると捉えていた。

To continue reading, please log in or enter your email address.

To access our archive, please log in or register now and read two articles from our archive every month for free. For unlimited access to our archive, as well as to the unrivaled analysis of PS On Point, subscribe now.

required

By proceeding, you agree to our Terms of Service and Privacy Policy, which describes the personal data we collect and how we use it.

Log in

http://prosyn.org/nXmcwzu/ja;

Cookies and Privacy

We use cookies to improve your experience on our website. To find out more, read our updated cookie policy and privacy policy.