フランスは働いていない

フランスの慢性的不調は、断続的な抗議デモによって特に目立つようになった。

そのうち最近の2件-フランス各都市で昨年秋に起きた暴動や放火、そして今年始めに盛大に行われた、労働市場新入の若者を管理する新法に抗議した学徒運動-には共通点が少ないように見える。しかし、2つの事件を結び付けているのは、広範囲の沈滞そのものを強調する、息詰まるような国家の家父長主義とともに、、若さ、失業、そして未来への不安である。

例えば、職業安定の理想的なゴールを見てみよう。フランス政府はこれを、知りうる唯一の方法-より多くの規律-で達成しようとした。すでに定着した労働者の解雇を難しくする規則が、雇い主に新規労働者の雇用を思いとどまらせることは、驚くに値しない。新規採用バリアの障壁を越えられない何百万人もの者が外に取り残される一方で、内部の者は有り余るほどの保護を享受している。

We hope you're enjoying Project Syndicate.

To continue reading, subscribe now.

Subscribe

or

Register for FREE to access two premium articles per month.

Register

https://prosyn.org/E1ULdXmja