ウォーター・ウォーズ

人類にとって-そして生命一般にとって-水よりも必要なものがあるだろうか?

水は自然の中に豊富にあり、十世紀以上もの間、人類の大半はそのことを不思議とも思わずに生きてきたことになる。

我々は水をくみ上げ、使い、ほとんどの場合、川や海に捨てて戻す。しかし地球上にある水のうち、わずか3%を占めるに過ぎない清水が足りなくなる日は、決して遠くないと言えよう。人は原油を巡って起こる争いを見るにつけ、水不足が招く結果を想像して身震いすることだろう。ラテンアメリカは十分恵まれているようだが、その他の状況は全く異なっている。ヨーロッパは限界に近づきつつあり、また、アフリカ、中央アジアそして中国における水不足問題は、すでに逼迫している。

We hope you're enjoying Project Syndicate.

To continue reading, subscribe now.

Subscribe

or

Register for FREE to access two premium articles per month.

Register

https://prosyn.org/MjgJpKWja