民主主義の限界

従来は議会外の闘争的グループであったハマスのパレスチナ領域での当選は、民主主義に達成できないことを我々に思い出させた。より確立した民主主義国家であれば、自分の党が勝たなくても驚く者はいない。民主主義とは政党同士が競い合うことであり、そして、「大連立」を形成しない限り、全員が勝つことはできないのである。しかし、民主主義過程の重要部分であるルールを守る意向が勝者にないとしたら、どうだろう?

これは、選挙における政党の得票が50%にも満たない状況にありながら、議会の多数党を基盤に「パワーをつかむ」ことができたヒットラーを想起させる。より最近の例では、ヨーロッパ旧共産圏における選挙で権力を握ったグループで、彼らが掲げる民主主義の「成績証明書」は、控えめに言っても胡散臭い。

ハマスをこれらの政治的権力と比較するということではない。それでも、この勝利の動向の中で、多数の選任者がイスラエルの刑務所にいるほか、選挙された国への入国許可を得られそうもない者たちがおり、新政府がきちんと機能できないということに疑問を抱かなくてはならない。

To continue reading, please log in or enter your email address.

Registration is quick and easy and requires only your email address. If you already have an account with us, please log in. Or subscribe now for unlimited access.

required

Log in

http://prosyn.org/7a0qrbd/ja;