0

北朝鮮は歴史を作る

歴史的なターニングポイントは通常、回想するときの方が見分け易い。しかし、北朝鮮の核爆弾実験がそれに匹敵するかどうかの判断に、時間はかからないだろう。答えはイエスである。問われるのは、それが良い方への転換か、それとも悪い方へなのかということだ。

実験がもたらした結果として、大した変化はなかったと主張する者もいる。長い間、世界は北朝鮮が半ダース以上の初歩的な核爆弾の製造に十分な核原料を所有していると推測していた。実験は、暗黙であったものを明白にした。

しかし、推測されていたことの実情は知られていない。変化は多大であった。北朝鮮は世界に挑戦した;問題は、世界がどう反応するかである。

賭けはこれ以上ないほど大きくなるだろう。北朝鮮の指導者たちには、攻撃性の来歴、国民に対する示威的な蔑み、そして流通硬貨を稼ぐために手当たり次第に(ドラッグと偽造ドルからミサイルの部品まで)何でも売るという履歴がある。危険性は、彼らが核兵器を使う誘惑を受け、このような兵器が自分たちの盾になるという信念のもとに無責任な行動に出る、あるいはテロリストに売却することである。