0

「古いヨーロッパ」の勝利

ワールドカップ優勝のために、イタリアはフランスを破ったかもしれないが、しかし、真の勝者は、ドナルド・ラムズフェルトがかつて嘲った「古いヨーロッパ」であった。結局、誰が、フランス対イタリアのワールドカップ決勝戦を予測していただろう?まるで、2人の「ヨーロッパの病人」の国家代表チームが、世界における自国のイメージ変遷を、義務だと思っているかのように見える。

イタリアの場合、プレミアサッカーリーグIl Calcioをほとんど撃沈させた汚職スキャンダルを受け、国家代表チームは、同志である市民の注目を浴びる試合を挽回しなければならなかった。しかしながら、よりグローバルに見ると、まるで「古いヨーロッパ」が、今こそ記録を正し、世界に登場してきた勢力に勝るダイナミックさを証明する時だと、決心したかのようである。

確かに、サッカーがスポーツ以上の意味を持つようになった新たな世界均衡において、ヨーロッパは復讐に戻ってきた。この4週間に、我々の目前で繰り広げられたものは、18および19世紀にヨーロッパと世界を支配した、パワー均衡システムの近代・縮小版であった。

もし、サッカーとその最高峰であるワールドカップが、グローバル化時代の普遍的な宗教になったとすれば、それは何よりも、非精神的な形で、人間の矛盾した本能を満たしてくれるからである。サッカーはヒーロー個人の礼賛と賛美を誇張するが、同時に協力的なチームの称揚でもある。集団活動の中で、これほど帰属意識、そして我々の世代を支配する一体感を高めるものは、他にない。