「古いヨーロッパ」の勝利

ワールドカップ優勝のために、イタリアはフランスを破ったかもしれないが、しかし、真の勝者は、ドナルド・ラムズフェルトがかつて嘲った「古いヨーロッパ」であった。結局、誰が、フランス対イタリアのワールドカップ決勝戦を予測していただろう?まるで、2人の「ヨーロッパの病人」の国家代表チームが、世界における自国のイメージ変遷を、義務だと思っているかのように見える。

イタリアの場合、プレミアサッカーリーグIl Calcioをほとんど撃沈させた汚職スキャンダルを受け、国家代表チームは、同志である市民の注目を浴びる試合を挽回しなければならなかった。しかしながら、よりグローバルに見ると、まるで「古いヨーロッパ」が、今こそ記録を正し、世界に登場してきた勢力に勝るダイナミックさを証明する時だと、決心したかのようである。

確かに、サッカーがスポーツ以上の意味を持つようになった新たな世界均衡において、ヨーロッパは復讐に戻ってきた。この4週間に、我々の目前で繰り広げられたものは、18および19世紀にヨーロッパと世界を支配した、パワー均衡システムの近代・縮小版であった。

To continue reading, please log in or enter your email address.

To read this article from our archive, please log in or register now. After entering your email, you'll have access to two free articles every month. For unlimited access to Project Syndicate, subscribe now.

required

By proceeding, you agree to our Terms of Service and Privacy Policy, which describes the personal data we collect and how we use it.

Log in

http://prosyn.org/mNNSDzO/ja;

Cookies and Privacy

We use cookies to improve your experience on our website. To find out more, read our updated cookie policy and privacy policy.