アメリカの調子は如何に狂ったのか

Pew Global Attitudesの最新版の調査によると、米国に好意的な意見を持つ国は、対象の15国中12国にまたしても落ち込み、一国の嘆かわしきイメージ喪失を映し出す結果となった。アメリカは、どうすれば国際的妥当性を取り戻すことができるだろうか?これはおそらく、今日の世界における最も重要な課題のひとつである。なぜならば、アメリカが持つ特有のパワーは、世界の安定が定着するためには、善のための力として使われ、認識されるべきだからである。

ソビエト帝国の消滅後およそ20年が過ぎ、際立ってきたのは、失われた機会という意識の出現である。米国は、冷戦の終焉にあたって、その情け深く啓発された優勢を活用する独特な機会を得て、より良い世界の秩序を打ち立てた。しかし、政治的および個人的な理由が組み合わさったことで、ビル・クリントンが大統領を務めた2期の間に、アメリカは時間を無駄にした。

実際、この必然的に短くもろかった“unipolar moment,”「一時的な一極体制」の間、クリントンはおそらく、アメリカの新たな責任がどのようなものであるべきかを直感的に感じてはいたが、果たさなかったのではないか。1994年の中間選挙における民主主義の敗北、それに続いたモニカ・ルインスキー事件は、アメリカ史上最も精力的で有能な大統領のうちの一人の、効力を妨げることとなった。

To continue reading, please log in or enter your email address.

To read this article from our archive, please log in or register now. After entering your email, you'll have access to two free articles every month. For unlimited access to Project Syndicate, subscribe now.

required

By proceeding, you agree to our Terms of Service and Privacy Policy, which describes the personal data we collect and how we use it.

Log in

http://prosyn.org/QLfWPd0/ja;

Cookies and Privacy

We use cookies to improve your experience on our website. To find out more, read our updated cookie policy and privacy policy.