大学:復興か衰退か?

「ヨーロッパの大学は、グループとして捉えると、大陸の乏しい経済業績を改善するために必要とされる、知的かつ創造的なエネルギーを提供できていない。」この劇的な言明は、副題を「復興か衰退か、」とする、私がこの省察のために借りた新しい冊子で紹介されている。

冊子の二人の著者、ファイナンシャル・タイムスの元編集者で、イギリス産業同盟の次期事務局長リチャード・ランバート、そして、British Petroleum戦略方針開発グループ副社長ニック・バトラーは、偏った学術的好奇心を代弁しているのではない。彼らのヨーロッパに関する意見は、おそらく世界における他の大部分にも優に当てはまるが、米国はその限りではない。

ランバートとバトラーは、ヨーロッパの大学について、取り組むべき4つの主要な弱点があるとした。それらは以下のとおりである。

To continue reading, please log in or enter your email address.

To access our archive, please log in or register now and read two articles from our archive every month for free. For unlimited access to our archive, as well as to the unrivaled analysis of PS On Point, subscribe now.

required

By proceeding, you agree to our Terms of Service and Privacy Policy, which describes the personal data we collect and how we use it.

Log in

http://prosyn.org/eMfKhd2/ja;

Cookies and Privacy

We use cookies to improve your experience on our website. To find out more, read our updated cookie policy and privacy policy.