今日の反啓蒙

つい最近、少なくともヨーロッパには、もはやタブーは無くなったと断定した者もいるかもしれない。啓蒙をもって始まったプロセスは今や、「何でも来い」という段階に到達した。 特に芸術分野において、前世代ならば非常に不快とされたであろうことさえも、それを見せることにはっきりとした限度はなかった。

2世代前、たいていの国には、特定の映画を青少年が見るのを防ごうと努めるだけでなく、実際に本を禁止した検閲官がいた。1960年代以降、このような禁止は弱まり、結局、 明白な性的関心、暴力、 神への冒涜 – 不快に感じる人がいる 一方で – 啓蒙された世界の一部として寛容に見られるまでになった。

いや、そうだっただろうか?本当に、限度はないのか?ヨーロッパ圏外で、 「何でも来い」の姿勢が完全に受け入れられたことは今までない。そしてヨーロッパにおいても、限度はあったのだ。歴史家デビッド・アービング は、ホロコースト否認の罪で未だオーストリアで拘留されている。これは、確かに、特別な例である。はっきり記録された真実の否定は、新たな犯罪につながるかもしれない。しかし昔からの「真実は何か」という質問に対する答えは、常にこれほど明らかだろうか?

To continue reading, please log in or enter your email address.

To access our archive, please log in or register now and read two articles from our archive every month for free. For unlimited access to our archive, as well as to the unrivaled analysis of PS On Point, subscribe now.

required

By proceeding, you agree to our Terms of Service and Privacy Policy, which describes the personal data we collect and how we use it.

Log in

http://prosyn.org/FjWGZRY/ja;

Cookies and Privacy

We use cookies to improve your experience on our website. To find out more, read our updated cookie policy and privacy policy.