0

イラクの憲法が約束するもの

現在イラクで進行中の立憲プロセスは、すべてのイラク人にとっての、希望に満ちた金字塔と言える。憲法を数十年にわたって継続的に強要されてきた後、当選した憲法選定会議は、新しい永続憲法の起草を管理しており、草案は 10 月 15 日にイラク国民により票決される。

すなわち、草案のさまざまな条項についての現在の議論は的外れである。国民投票が成功しようと失敗しようと、また憲法の文面の詳細がいかようであろうと、もっとも大切なことは立憲プロセスの確立であり、国民投票前後の政治制度である。

国民投票前のフェーズについては、国民議会はほとんどの責務に成功した。イラクの暫定憲法が起草プロセスにおいて、議会に排他的な権限を付与したにもかかわらず、議会は賢明にも立憲起草委員会の組成において議員数を超える合意を勝ち取った。

イラクの指導者たちは、特にスンニ派になどの、イラクの多民族および多宗教によるモザイクの大部分による選挙への参加が減少していることを十分に認識している。したがって、議会で支持者の少ないものの、憲法の制定のみならず、国家の傷を手当てするためにもプロセスへの参加および所有の意識が不可欠である議員が明らかになった。これは単なるジェスチャーではない。