ロシアの現実

一見、ロシアには数多くの巨大な力の後ろ盾があるように見える。核兵器を大量保有し、国連安全保障理事会の常任理事国であり、膨大な石油および他の鉱物を埋蔵し、近年では大幅な経済成長を記録し、さらには旧ソビエト連邦の 3/4 のみの国土面積をもって世界一の領域を誇る。

しかしながら、省察すると、ロシアの別の一面が明らかになる。国益の大部分は生産的な経済活動ではなく、エネルギー価値の上昇を反映したものである。ロシアの軍事力のうち予測される実働可能な軍事力はほんの一部である。人口はパキスタンを下回り、広大な土地の大部分が無人のまま、年間 50 万人減少している。今では男性の平均寿命は、アルコール依存症、犯罪、ドラッグ、疾病、質の悪い公共健康システムにより、60 歳以下である。

ロシアについてこれらのすべてを鑑みると、まったくのポチョムキン国家ではないにせよ、状況は芳しくないことがわかる。いかに前向きに捉えたとしても、ロシアが世界で潜在的に揉め事または問題を引き起こす可能性はあるが、達成できることには限界がある。モスクワにおける決定は世界のエネルギー価格、イランおよび北朝鮮の原子力計画の将来、テロリストの成功に影響を与える。その影響の良し悪しにかかわらず、ロシアの影響力は健在である。しかし、その影響はどの程度なのであろうか。

To continue reading, please log in or enter your email address.

To access our archive, please log in or register now and read two articles from our archive every month for free. For unlimited access to our archive, as well as to the unrivaled analysis of PS On Point, subscribe now.

required

By proceeding, you agree to our Terms of Service and Privacy Policy, which describes the personal data we collect and how we use it.

Log in

http://prosyn.org/CUwstDo/ja;

Cookies and Privacy

We use cookies to improve your experience on our website. To find out more, read our updated cookie policy and privacy policy.