政党と人民主義者

政治団体、特に慣例志向を持つ政党にとって、今は好ましい時ではない。政治情勢を占める2つの主要政党(一方は社会民主主義、他方は右寄り)に任せることができた旧民主主義の時代は、終わったのだ。

社会主義崩壊後の世界の新しい民主主義においては、そのような2政党構造が生ずることは一度もなかった。現今では、2大政党が一般投票の3分の2を集めることなど、到底望めない。彼らが「大連立」を形成せざるを得ないことも、往々にしてある。民衆的な国粋主義者か社会主義者の、あるいは両方の感情を刺激することによって、旧式の政党構造に真向から斬りこむ政治勢力が現れない限り‐残りの票は様々に分裂するのだ。

政党の減退は、階級の減退を反映している。かつてのプロレタリア(無産)階級やブルジョワ(有産)階級などは、なくなった。代わりに我々が目にするようになったのは、片端は超富豪の著名なエリート、もう一方は下層階級の人々で構成されているにもかかわらず、時々「中流レベルの社会」と呼ばれてきたものである。

To continue reading, please log in or enter your email address.

To read this article from our archive, please log in or register now. After entering your email, you'll have access to two free articles every month. For unlimited access to Project Syndicate, subscribe now.

required

By proceeding, you agree to our Terms of Service and Privacy Policy, which describes the personal data we collect and how we use it.

Log in

http://prosyn.org/zYxoenj/ja;

Cookies and Privacy

We use cookies to improve your experience on our website. To find out more, read our updated cookie policy and privacy policy.