北朝鮮は歴史を作る

歴史的なターニングポイントは通常、回想するときの方が見分け易い。しかし、北朝鮮の核爆弾実験がそれに匹敵するかどうかの判断に、時間はかからないだろう。答えはイエスである。問われるのは、それが良い方への転換か、それとも悪い方へなのかということだ。

実験がもたらした結果として、大した変化はなかったと主張する者もいる。長い間、世界は北朝鮮が半ダース以上の初歩的な核爆弾の製造に十分な核原料を所有していると推測していた。実験は、暗黙であったものを明白にした。

しかし、推測されていたことの実情は知られていない。変化は多大であった。北朝鮮は世界に挑戦した;問題は、世界がどう反応するかである。

To continue reading, please log in or enter your email address.

To access our archive, please log in or register now and read two articles from our archive every month for free. For unlimited access to our archive, as well as to the unrivaled analysis of PS On Point, subscribe now.

required

By proceeding, you agree to our Terms of Service and Privacy Policy, which describes the personal data we collect and how we use it.

Log in

http://prosyn.org/eh78K6M/ja;

Cookies and Privacy

We use cookies to improve your experience on our website. To find out more, read our updated cookie policy and privacy policy.