hamada37_Chris McGrathGetty Images_japanearthquakerubble Chris McGrath/Getty Images

増税のない自然災害からの復興を

世界中、ハリケーン、地震、火災、干ばつなどの自然災害の発生が続いている。多くの人々は、それらが人間活動によって生み出された地球温暖化の結果であると主張するであろう。日本も例外ではなく、今年は非常に強い台風と地震に度々見舞われる事態となっている。

これらの災害に対応するため、経済復興のための増税が必須であることを声高に訴える主張がある。現在の経済復興努力により被るツケにより将来世代の負担が増えないように、増税が必要である必要であるというのである。しかし私はこの場で異議を唱えたい。

2011年の東日本大震災は、残念なことに住民に深刻な打撃を与えた。ところが、同年5月23日 2人の影響力のある、この件を除いては私も尊敬する経済学者による提案が日本経済新聞に掲載された。大地震の費用は公債発行でなく、現世代への増税によって賄われるべきであるというものであった。

We hope you're enjoying Project Syndicate.

To continue reading, subscribe now.

Subscribe

Get unlimited access to PS premium content, including in-depth commentaries, book reviews, exclusive interviews, On Point, the Big Picture, the PS Archive, and our annual year-ahead magazine.

https://prosyn.org/zfVi5kzja;