火山に住まう

この記事を書いている間にも、毎晩 1000 件近くの爆弾を仕掛けられた車と警察との衝突が、パリ郊外および他のフランス市街で 2 週間近くも続いている。

所得やルーツ、偶像がなく、社会に認められたいという欲求を表現するすべを暴力しか持たない何千人もの失業した若者の存在は、フランスに限ったことではない。1960 年代の米国におけるワッツやニューアーク、デトロイトでの暴動や、1980 年代初期の英国におけるリバプールでの暴動、また近年のブラッドフォード、オールダムやバーンリーでの暴動を誰もが覚えていることだろう。同様にフランスも 20 念前に、リヨンに近い Vaux-en-Velin での暴動を経験している。すなわち、多くの発展国の共通点と、フランス独自の問題を区別することは重要である。

すべての発展国は過去 30 年間に劇的な変化を経てきた。営利主義から株主資本主義へ、国家が大幅に介入する経済からはるかに規制緩和された市場へ、1960 年代から 1970 年代の積極的で拡張的な社会政策からそういった支出を継続的に縮小する世界へ、といった変化である。

To continue reading, please log in or enter your email address.

To access our archive, please log in or register now and read two articles from our archive every month for free. For unlimited access to our archive, as well as to the unrivaled analysis of PS On Point, subscribe now.

required

By proceeding, you agree to our Terms of Service and Privacy Policy, which describes the personal data we collect and how we use it.

Log in

http://prosyn.org/vOAe286/ja;

Cookies and Privacy

We use cookies to improve your experience on our website. To find out more, read our updated cookie policy and privacy policy.