動くクウェートの民主主義

クウェートでは、つい先日、1961年の独立以来11回目の議会選挙が行われた。クウェートは君主制であるが、議会の歴史は穏やかなものではなく、王家と選挙民セグメントとの間に進行中の緊張関係が、今回の選挙運動に反映した。

本来2007年10月に予定されていた選挙は、国内の選挙区の数をめぐる議会・政府間の膠着を打開するために、繰り上げられた。現在、国内には25の選挙区があるが、改革家は長らく、より少数-つまり、各選挙区に、より多くの選挙民-の方が、政治エリートによる根回しが効かなくなるだろう、と主張してきた。

選挙区削減を支持している29名の議員は、新提案の選挙区数について、政府との合意を得られなかった。結果として、この問題は、批判意見を表明するために国民議会ビル前や大学などに集まった、不満なクウェート人による活発なキャンペーンの焦点となった。

To continue reading, please log in or enter your email address.

To access our archive, please log in or register now and read two articles from our archive every month for free. For unlimited access to our archive, as well as to the unrivaled analysis of PS On Point, subscribe now.

required

By proceeding, you agree to our Terms of Service and Privacy Policy, which describes the personal data we collect and how we use it.

Log in

http://prosyn.org/KONH4AQ/ja;

Cookies and Privacy

We use cookies to improve your experience on our website. To find out more, read our updated cookie policy and privacy policy.