0

インターネットの恐怖と自由

今月はじめの報道によると、マイクロソフトは中国政府指導者の要求によって、同社の提供するMSN Spaceというサービスが管理していた中国人ブロガーのウェブサイトを閉鎖した。ブロガーのZhao Jingは、The Beijing News 紙上でジャーナリストたちによるストライキに関する記事を書いていたことが、独自の考えを持つ編集者の解雇という形を招いた。

マイクロソフトの行動は重要な疑問を生じさせる:インターネットは本当に、新聞、ラジオ、テレビなど抑圧的な政府が容易にコントロールできるメディアとは違う、自由を守るための力になり得るのだろうか?

皮肉なことに、マイクロソフトの創始者で社長であるビル・ゲイツはこの考えを熱心に主張してきた。彼はつい最近、10月に「今日、広義の意味で、情報を抑圧する手段はありえないし、それは私たち皆が素晴らしいと感じられる進歩だと思う。(中略)(インターネットは)完全な公開と完全な自由の媒体であり、この点こそが特別なのだ」と述べている。

このような所感にもかかわらず、マイクロソフトは全力を挙げて、中国政府権力者による情報の抑圧を支援している。同社が中国において「多数のサイト」をブロックしたことを同社のスポークスマン(女性)が発表したと伝えられ、また、