0

中国の小さな一歩

中国が踏み出した流動相場制への控えめな第一歩が、経済にどう影響を及ぼすにせよ、我々はその戦略の巧妙さに感服するべきだろう。今回の小幅な改革(人民元の為替レートを対ドルで2%切り上げ)は、この先いつどう動くのか、全く予想がつけられない点が特質的である。

中国製品に対する厳しい報復関税を望んでいた欧米の保護貿易主義者らは、不意打ちをくらわされている。彼らは常に意見を報道に流していたいだろうが、中国バッシングをあまり急に強めれば、舞台裏でのデリケートな交渉を邪魔する者と写るだろう。

しかし、中国の小さな一歩が、今後大きな前進へ繋がっているかどうかは、誰にも断言できないのも事実である。中国当局の方針はあいまいだ。中国は、為替レートの平価切り上げを迫る国際社会の圧力をほんの少し和らげることで、高まる貿易黒字抑制の声を横柄に牽制した。しかし、重要な疑問は、果たして中国は自らの責任で市場の力に反抗しているのかということだ。

為替市場を意のままに従わせる中国の力は、少なくとも表面的には、小幅切り上げによって弱まることはないと見える。すでに各国の専門家が、人民元の小幅な価値上昇は、全く上昇しない場合より始末が悪くなるだろうと警告していた。世界貿易の不均衡に大きな影響は及ぼしていないものの、小幅な改革は大規模な外国資本の流入を招き、中国の通貨攻防を圧倒し、混乱を招くかもしれない。しかしこれまでのところ、そのような動きはない。中国は今回もわが道を通し、専門家たちの鼻を折ったかに見える。