9/11 と新たな権威主義

ニューヨークのツインタワーとワシントンの米国国防総省への攻撃から5年経ち、「9/11」は、もはや単なる日付ではなくなった。それは何か新しいもの、ことによると新時代の始まり、何にせよ変化の時として、歴史に登場した。マドリッドやロンドン、その他のあらゆる場所におけるテロ爆破もまた、忘れられることはないだろう;しかし、「1914年8月」とほぼ同等のキャッチフレーズとなったのは、この「9/11」である。

だが、2001年9月11日に始まったものは、本当に戦争だったのであろうか?

アメリカの意見に、万人が満足しているわけではない。連合王国におけるアイルランドテロの全盛期、歴代の英政府は故意に、戦争が行われているという理解をIRAに与えなかった。「戦争」としたならば、テロリストを正当な敵として認めることになっただろう。容認された交戦ルールがあると認めること、それは、血生臭い闘争を意味することにもなる。

To continue reading, please log in or enter your email address.

To access our archive, please log in or register now and read two articles from our archive every month for free. For unlimited access to our archive, as well as to the unrivaled analysis of PS On Point, subscribe now.

required

By proceeding, you agree to our Terms of Service and Privacy Policy, which describes the personal data we collect and how we use it.

Log in

http://prosyn.org/rSBbNT1/ja;

Cookies and Privacy

We use cookies to improve your experience on our website. To find out more, read our updated cookie policy and privacy policy.